PLAN-11
​『胎内』

【作】三好十郎
【上演台本・演出】刈馬カオス

【期間】2017年3月23日(木)~26日(日)
【会場】七ツ寺共同スタジオ

​【公演概要】

昭和初期に活躍した、魂の劇作家・三好十郎。戦後日本を鋭く描いた、骨太な作風は今も色褪せない。1949年(昭和24年)発表の傑作戯曲にして、上演困難と言われる三人芝居を劇化!終戦から2年―――防空壕跡に閉じ込められた、闇ブロオカア、その愛人、元日本兵。酸素が失われていく極限状態で三人は激しくぶつかりあい、蝋燭が消えるように命を落としていく・・・・。
完全ダブルキャスト/演出の異なる2バージョン上演に挑む、刈馬演劇設計社の野心作

【カルマ・ストレートver.】​

演出/刈馬カオス
シンプルに真っ直ぐに・・・俳優同士が身も心も削り合う!戯曲の魅力をダイレクトに堪能する、直球勝負のカルマ・ストレート!

<出演>
いちじくじゅん(てんぷくプロ)
岡本理沙(星の女子さん)
今津知也(オレンヂスタ)

【カオス・ハイミックスver.】

演出/刈馬カオス

共同演出/堀江善弘(afterimage/【exit】) 

アンサンブルキャスト6名を加えて、ダンサー・振付家との大胆なコラボ・ディレクション!極限状態の混乱と混沌を目撃するカオス・ハイミックス!

<出演>
にへいたかひろ(よこしまブロッコリー)
元山未奈美(演劇組織KIMYO)
中村猿人(劇想からまわりえっちゃん)
 

<アンサンブルキャスト>
高橋佳菜(右脳中島オーボラの本妻)
丹羽美由希
藤井見奈子
古部未悠
森夏音
​養殖うなぎ

【スタッフ】

舞台監督│柴田頼克(電光石火一発座/かすがい創造庫)
舞台美術│野地恵梨子
照明│村瀬満佐夫(劇団翔航群)
照明操作│則武鶴代
音響│椎名KANS(Garage Inc.)
音響操作│角岡栞 
宣伝美術│オレンヂスタ美術部
イラスト│柚木昌幸(mooncalf)
演出助手│岡彩織/古部未悠
制作│水原沙子/岡彩織
主催・製作│刈馬演劇設計社

PHOTO
~カルマ・ストレートver.~
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
PHOTO
~カオス・ハイミックスver.~
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom